クラウドを用いたサービス|もしものデータ消失に頼れる日本データテクノロジー|ITお悩み改善
周辺機器

もしものデータ消失に頼れる日本データテクノロジー|ITお悩み改善

クラウドを用いたサービス

周辺機器

法人向けのウェブメールのサービスは、クラウドシステムを使用したサービスとなります。高性能仮想マシンとなるクラウドシステムを用いたウェブメールなら、その他機能性からあらゆるビジネスシーンで高いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。クラウドシステムを利用したウェブメールは、ブラウザ上での処理により、パソコンだけではなく、携帯電話などへもメールを直接送信することができます。インターフェイスでの設定処理により、簡単にどのようなネット機器にも送信が可能となります。また、海外にあるパソコンへの送信も可能となるので、社員がどこにいても情報を即座に送ることができるでしょう。外出している社員の携帯電話や、海外で事業を展開している支社へウェブメールを届けられるので、本社からの指令を社員すべてに送ることも可能です。操作の困難なシステム管理やユーザー管理も簡単な操作で行なえるなど、企業においての業務の負担を大きく削減してくれるのです。

クラウドシステムを利用したウェブメールサービスは、ユーザー機能として多言語に対応できます。海外へ支社を建てる場合、問題となるのが言葉の壁でしょう。あらかじめ海外派遣する社員に現地の言葉を覚えさせ、本社からのメールは派遣した人に翻訳を任せる、といった方法をとる会社も多いでしょうが、こうしたやり方はあまり効率的とはいえないでしょう。日本語での指示には、現地語で翻訳が難しい場合もあるので、派遣した社員が上手く翻訳できずトラブルが発生する場合もあるのです。クラウドシステムを利用したウェブメールサービスならば、インターフェイスが多言語対応であるため、あらかじめ本社から海外で雇った現地スタッフへの指示を作成することができます。海外派遣した社員に負担を掛けず、素早く現地スタッフへ指示を出せるので、業務効率も格段に上昇します。本社で現地の言語による指示を作成できれば、海外派遣した社員の翻訳ミスによるトラブルも防げるので、多くの会社でこのシステムが導入されています。

Copyright© 2016 もしものデータ消失に頼れる日本データテクノロジー|ITお悩み改善All Rights Reserved.